店舗・空間・オフィスの内装デザイン

オフィスデザインとは

オフィスデザインとはその名の通り、オフィス内の設計やインテリアコーディネートなどオフィス内のレイアウトを考えることです。一般的な家庭やお部屋などのデザインと違い、男女複数人が利用するオフィスデザインには難しい点がいくつかあります。それはオフィス利用者にとって利用しやすいレイアウトにすることです。例えば、一般的な家庭のデザインであればキッチンやトイレは1人~2人が利用しますし、リビングであれば家族皆が利用するというように場所によって動線の確保の方法や利用者が異なります。しかし、オフィスデザインは、オフィスを利用するすべての人が利用する場所であるためどこからでも通りやすい、人数が多くても通れるような動線の確保が必要です。また、オフィスデザインはオフィスのイメージや顔に繋がります。オフィスデザインにその会社の特徴やイメージカラーを取り入れることでお客様が来た時にも立派な顔として役に立ってくれるのです。オフィスの改築・改装を考えている方が居ましたら是非、オフィスデザインをご利用下さい。

オフィスデザインの方法

オフィスデザインを行うときに行うのは設計です。設計はお部屋や家のデザインを行うときにも行うものと同じです。昔は手書きでのオフィスデザイン設計が主流でしたが最近ではCADというパソコンソフトを利用した設計方法が主流になっています。CADにも種類があり、3Dのようにオフィスデザインを確認できるものもあります。そのオフィスを利用する方々にとって安らぎがあり、リラックスして作業できる空間にするためオフィスデザインは細かいところまでCADで図面化・3D化するのです。

最近のオフィスデザイン

最近のオフィスデザインの主流となっているのは、決まった席のないオフィスです。オフィスデザインと聞くと、同じ方向に机が並び決まった席に座るイメージが強いと思います。上層部の方が誕生日席に座る、そういったオフィスデザインは今あまり使われていません。ある人と共同で作業をしたい場合は二人で中央の席に座る、など席をあえて決めずにその日その日の作業内容で席を変えれるオフィスデザインが主流になりつつあります。オフィスデザインはそこに務める皆さんにとって過ごしやすく仕事がしやすいオフィスデザインでなければなりません。そのためオフィスデザインを考えるのはとても難しいのです。その会社の特徴を考えたオフィスデザインを行う多面、オフィスデザインを変えたい企業はオフィスデザインの業者と密に話し合う必要があります。