店舗デザインについて

店舗デザイン

居酒屋、カフェ、不動産、レンタルショップ、お洋服屋さんなど今日本には様々な店舗が存在します。この店舗内や外装を考えることを店舗デザインといいます。店舗デザインはそのお店で働く従業員だけではなく、お客様にとって利用しやすいデザインを考えなければなりません。そのため、店舗デザインを行う際は動線をよく考えなければなりません。また店舗デザインはお店の顔になりますので、お店のコンセプトを店舗デザインに取り込みレイアウトするところも多いのです。

人気の店舗デザイン

最近人気の店舗デザインは、統一カラーの落ち着いた空間です。日本人は世界の方と比べると仕事をしている時間が多いです。その仕事疲れをリフレッシュしていただくためにも、統一カラーで落ち着きのある店舗デザインを行うところが多いのです。統一カラーと言っても、派手な赤や黄色ではなく、あくまでもナチュラルな店舗デザインが流行っており、木々のぬくもり、暖かさを感じることができるよう、茶系・ベージュ、木目調の店舗デザインが多く存在します。

店舗の動線

店舗デザインで大切なモノは動線です。動線とは人が動く道のことで、設計をする際には必ず確認します。お客様の動く道、従業員が動く道を確認して店舗デザインを行っていきます。飲食店であればキッチン、カウンター、個室、お手洗いを考える店舗デザインを行い、その他の店舗であれば、ディスプレイなども考えた店舗デザインを行います。