カテゴリー別アーカイブ: 空間デザインについて

空間デザインの業界を活性化

空間デザインの検討

空間デザインを行う際、これといって詳しい決まり事はありません。家や公共施設であれば設計の際に柱の数・窓の数など法律に則り設計しなければなりませんが、その他は依頼主の意見を取り入れたり予算を考える程度で、基本的に「こうしなければならない」というものはありません。だからこそ、空間デザインは難しい仕事と言えます。自分の感性や流行り、カラーやインテリアの相性を考えある程度人間の動きを素早く予測するのは経験を積んだ空間デザイン会社しか出来ません。また空間デザインは経験を積めば積むほど、空間デザインを行った人の特徴がにじみ出ます。空間デザインを依頼する際はデザインを行ったサンプルをしっかり見て空間デザインを依頼するか検討するべきです。

空間デザインコンペ

空間デザイン、建築設計などには必ずコンペというものがあります。これは一般のかた、プロの方が、学生の方などが、あるテーマに基づいて空間デザインを行い、模型や図面などで優秀な作品を決めるものです。毎年決まって行われる空間デザインのコンペには多くの参加者がおり、空間デザインの業界を活性化しています。

シェアに特化した空間デザイン

グローバル化が進んだこと、ネット社会の普及で「シェア」という部分に特化した空間デザインが数多く行われています。例えばオフィスの空間デザインです。ビルのワンフロアを広く空間デザインし、1つの会社が使うのではなく幾つもの会社がワンフロアを一緒に利用するものです。席も、ネットも自由に利用できるそんな空間デザインは、1つのオフィスを持つよりも節約できるため、個人で起業した方にもとても人気が高いです。このように空間デザインの世界は時代とともに変化しています。今後も需要にあった空間デザインに変化していくことでしょう。