空間デザインについて

空間デザインとは

空間デザインと聞くと、内装デザインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?しかし空間デザインというのは公園や都市設計などの設計も行っています。1つの場所、ここからここまでの空間を設計するのが空間デザインの仕事なのです。空間デザインの仕事内容は人が利用する場所、人の周りの空間設計であるため、壁や天井、床や照明、インテリアを考えることも空間デザインの仕事内容に含まれます。

空間デザインの資格

空間デザインを行う人は必ずしも資格が必要なわけではありません。設計や空間のコーディネートはある程度の設計知識、感性があれば可能です。しかし、空間デザインを依頼する側からすれば、資格を持っている方に空間デザインを頼むほうが安心すると思います。空間デザインを行っている方が持っている資格は次のものがあげられます。それはインテリアコーディネーターの資格、福祉環境コーディネータの資格です。最近では高齢者の方や身体障害者の利用しやすい空間デザインが主流になっているため、福祉関係の資格を持っている方は多く居ます。

空間デザインを学ぶ

空間デザインは独学でも勉強できますが、基本は皆さん空間デザインを教えている学校や授業に参加しています。というのも、空間デザインは感性だけでは仕事をすることは出来ません。空間デザインに必要な、動線・建築の法律の知識が必要になるからです。ただ四角い箱のなかにインテリアを置く=空間デザインでは無いのです。人が利用する空間にするためには、人の動きを考え建築基準法を守った空間デザインが必要になります。